ロータリーポンプ JM/JOシリーズ インサイド・メカニカルシール / O リングシールタイプ
Inside mechanical seal type / o ring seal type

主な特長
  1. サニタリー仕様

    ナカキンポンプはポンプ内部を常に清潔に保ちます。ポンプ内部は移送液の滞留を抑えた設計を施し、IP洗浄に適した構造になっております。また、分解・組み付けも非常に簡単で「分解洗浄」を行う場合でも、短時間で実施可能です。

  2. 分解洗浄が容易
  3. 低粘度から高粘度まで送液可
  4. 製品中の固形分を壊さず送液
  5. 最大吐出圧力 1.0MPa <標準仕様>

    「独自のベアリング機構」と「高剛性の軸設計」により高い吐出圧を実現しました。(高圧仕様1.5MPa ミニポンプJ2型 0.5MPa J4型 0.7MPa)

  6. 耐熱温度95°C <標準仕様>

    耐熱温度は95°Cです。CIP洗浄時95℃の薬剤・温水を流す事が可能です。また、高温仕様では最高150℃の耐熱が可能です。生産ラインのSIP(装置滅菌)にも対応します。

  7. 正逆回転可能

    但し、仕様により回転方向が制限される場合があります。

  8. 自吸式で負圧タンクからの抜出ポンプとして使用可
  9. 定量性

    「生産能力の切替」、「下流側装置の切替」等による背圧変動に関わらず、高い定量性を得る事ができます。

  10. 高い汎用性

    メカニカルシールやローターの形状、Oリングに至るまで、様々な特殊仕様が可能。様々な性質の移送液に対応致します。

  11. インサイドメカニカルシールの特長
    • 摺動面の外周から内周へ向かって漏れようとする流体をシールします。
    • 漏れ方向が遠心力と逆方向の為、アウトサイドメカニカルシールと比べると、漏れにくく、高圧・高速回転などの厳しい条件に適しています。
サイズ
ポンプサイズ 接続口径 最大吐出量
2 1s 8L/min
4 1s 20L/min
10 1.5s 40L/min
16 1.5s 60L/min
25 1.5s 100L/min
3s x 2s
40 2s 135L/min
3s x 2s
55 2s 270L/min
3s x 2s
125 2.5s 410L/min
3s
160 4s 710L/min
200 4s 930L/min
300 6s 1470L/min
接液部 分解図
構造
  • メカニカルシール構造
    1. 動力損失が比較的少ない。
    2. 摺動面の磨耗が少なく、比較的長寿命。
    3. Oリングシールが適さない製品に対応。
    番号 名称
    48-1 メイティングリングOリング
    48-2 メイティングリング
    48-3 プライマリーリングOリング
    48-4 プライマリーリング
    48-5 コイルスプリング
    48-6 スプリングホルダー
  • Oリングシール構造
    1. メカニカルシールに対して比較的安価。
    2. 分解洗浄を頻繁に行う場合、分解・組み付けが容易である。
    3. メカニカルシールが適さない製品に対応。
    番号 名称
    55 カラーOリング
    54 ケーシングOリング
    53 スリーブOリング
    45 スリーブ
    44 Oリング用シールカラー
  • 構造図
オプション例
  • メカニカルシール構造

    ステンレスハウジング仕様

  • メカニカルシール構造

    縦型1枚羽根
    ローター仕様

関連製品