ナカキン独自技術

ナカムラメタルbR

株式会社ナカキンは昭和25年、鋳造メーカーとして創業しました。現在でも、高い技術力により高精度を要求される自動車エンジン部品等を製造致しております。 この高度な鋳造技術を活かして弊社独自に開発したのが「ナカムラメタルbR」です。

「ナカムラメタルbR」をローター部品に応用する事により、ポンプ内部のクリアランスを極限まで小さくすることが可能になりした。また、ケーシングやケーシングカバーなどの主要部品も自社内で製造しております。これにより、高いレベルで安定したポンプ生産体制を維持しております。
>ナカキンロータリーポンプ 製品案内

泡立ちを抑えた充填

「泡立たず高速充填、しかも高粘度の液から低粘度の液までを1台の機械で充填可能」 このような高精度かつマルチな充填機を製造可能にしているのは、ノズル昇降技術など数々の特許技術によるものです。
また、弊社はロータリーポンプのメーカーでもあります。ですから、充填機に標準搭載している弊社ポンプを知り尽くしております。
「数々の特許技術」と「ポンプメーカーだからこそ出来るポンプ制御技術」を融合させ、お客様の製造現場で「本当に満足頂ける」充填機を生み出す事が出来ました。
>ナカキンロータリーポンプ搭載・自動充填機 製品案内

瞬時混合でロス無い「当たり前」のブレンダー

ナカキンのブレンダーは「当たり前」のブレンダーです。運転を開始すればすぐにロスなく設定通りの混合が出来ます。
「ロスが出るから1度動かしたら、なかなか止められない」
「運転開始の時、混合比率が安定しないからロスが出る」
そんな現場の課題に正面から取り組んだ高性能だけど「当たり前」のブレンダーです。
>ナカキンロータリーポンプ搭載・ブレンダー 製品案内

熟練の技術者

ポンプ製造工程においては、工程により「必要な熟練度」を設定しております。それは、高精度なポンプを製造する為には、人間の手による高度な技術が要求されるからです。数年の研修を経ることで初めて就ける工程もあり、長期的な視点で人を育てる体制を維持し続けております。

メンテナンス技術

お客様の工場に派遣されるメンテナンススタッフは最高の技術者です。弊社ロータリーポンプ・充填機・ブレンダー等について細部に至るまで知り尽くしています。メーカーとして当たり前の事です。しかし、その当たり前が今の日本では難しくなりつつあります。いわゆる失われた10年は多くの技術の継続を断ちました。
「メーカーにメンテナンスを依頼したのに、自分たちと同レベルのメンテナンススタッフが派遣された・・・」
そんな思いをしたことありませんか? 弊社では「人の技術こそ最高の技術である」と考え、技術の継承を維持してきました。

システム開発室

少数精鋭の部隊で仕様の提案から、製作・調整・アフターフォローまで一貫して行っております。『答は現場にある』をキーワードに、開発・製造・メンテナンスを行う技術者がお客様のニーズを把握する為のヒアリングを大切にしています。


詳しくはナカキンのオーダーメイドシステム のページをご覧ください。